ミニトマト つやぷるん

ミニトマトへの想い

仕事柄何の作物を作ろうかという議論になります。
販路だけでなく、通年雇用という観点からミニトマト栽培に行き着く事も少なくありません。
真夏を除けばほぼ年間を通して作業がありますし、直売でも比較的売りやすい状況が続いています。

多くのトマトハウスを見学しましたし、仕事で提案してきたトマト。
家庭菜園の入門編としても選ばれるものですし、どちらかと言えば好きじゃないですけど、挑戦してみることにしました。

つやぷるん

トマトは普通に食べますが、好んでは選びません。
そんな私の目に止まったのがこのつやぷるん。
甘いかどうかは個人的には気にしません。
極うす皮に強く惹かれました。
赤ちゃんの写真もいい感じでしたので、ジャケ買いしたようなもんですね。
麻袋のこの色とトマトの緑が良い感じ。

麻袋で吉と出るか凶と出るか

上記写真から1週間経過。
気持ち生長しています。

ミニトマトはプランターであれば深さ30cm以上を推奨されています。
私もプロのハウスを見ていましたが、根をしっかり張る植物だと言うことが分かっていましたので、少々不安があります。
しかしながら水耕栽培、養液栽培での栽培もあるし、土がなくても大丈夫かなーと浅い考えもある。
想定メリットとして、麻袋であれば水捌けは良いはずなので、乾燥気味に育てるという名目には適しているはず…。
挑戦あるのみです。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました